2013年03月08日

NONA REEVES『POP STATION』批評D

こんばんは

コンタクト入れないでPCをいじり続けてたら頭痛がハンパないkuratoです

コンタクトもそろそろ変えないと免許更新できまへんわw

さて、今日も一生パワープレイ中の

NONA REEVES『POP STATION』の批評をしたいと思います



NONA REEVESPOP STATION』各曲批評その2
「Weee Like It!」

「MUSIC TRAVEL」内で初めて聴いたこの曲。

その時、「一寸法師みたいな〜」「三つ子の魂〜」というフレーズを聴いて、

いつもの西寺節かと笑ったものだ。

正直なところ、ノーナの歌詞に頻繁に見られるこういったフレーズはあまり好きではない。

何も考えずに聴けば、

そのワードは何の意味も成さずに不協和音として殴りつけてくるし

何らかの意味があろうと思って聴けば、

響きだけで使われている可能性が高いとしか考えられない(少なくとも自分には)ことも多く、

結局、消化不良になってしまう。

つまりは言葉が浮いてしまっているのである。

その意味では、音楽礼賛の今作は、音と詞のバランスが取れていると思える。

「Weee」と「e」が3つなのは3人を表しているとのことなので、

ノーナの3人が「難しいことを考えずに音楽を楽しもう!」

そう言っているのが伝わってくる。

「一寸法師」「三つ子の魂百まで」「少年老い易く学成り難し」のようなワードが

西寺節として残りつつも、より浮かない作詞ができれば、もっと売れるのでは?

そう思いながらも、これもノーナらしさの一翼を担っているかと思うと、

一概に批判すべき箇所のようでもなく思えるのが難しいところだ。

また、この「らしさ」を全面に出す「Weee Like It!」は、

(どちらかと言うと今回の批評ではネガティブな表現を多用したが)

アルバム全体のバランスを取るという意味で非常に重要であるのだ。




20130308233625ノーナ.jpg


写真は今回、三部作と言われているアルバムたち

画質悪いなぁwww

携帯だしねw


posted by kurato at 23:47| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

NONA REEVES『POP STATION』批評C

おはようございます

昨日は口論になってしまいまして……

実は非常に不愉快な気分で記事を書いてたkuratoです

話の聞けない人はダメですな

自戒の意味も込めてホントにそう思いますわ


さて、今日も一生パワープレイ中のNONA REEVES『POP STATION』の批評を続けたいのですが、

今回からはアルバムの中でも特に聴いてもらいたい曲を少しずつご紹介したいと思います

「いいかげんファッションについてかけよ(^д^;)」

とお思いの方が万が一いらっしゃったら

あなたはヘビーな読者ですwww

もうしばらくお許しください



NONA REEVESPOP STATION』各曲批評その1
「P-O-P-T-R-A-T-I-N」

もう13、4年前のことになるのか。

時が経つのは早いもので、私がNONA REEVESと出会ったのは

文化放送「Come on FUNKY Lips!」だった。

当時のNONAは今思えばサークルにいるお兄ちゃんという感じで

親しみ易さの反面、素人臭さが抜けない感があった。

しかし流れる彼らの音楽は、まだ若かった私には巷に氾濫する音とは違って聞こえ、

そのギャップに心を惹かれるのに時間はかからなかった。

今でも忘れないのが西寺郷太が無駄にアツく語った

彼が考えたゲーム『カミサマ』である。

彼は地球を箱庭的な一つの系と見做し、そこにプレイヤーは神の立場で寄与する。

寄与すると言っても、気温を上下させるだけで

言葉にすればちっぽけなことが広げる波紋。

農作物の過多、それによる貧富の差、戦争――

この世界観にバタフライ理論も唯物論も決定論も知らなかった当時の私は強い衝撃を受けた。

この出会いはアカデミックなものであったに違いない。

だから正直「STOP ME」で歌われるノルマンディーも

『DESTINY』にちりばめられた宗教的ワードも俄かには理解できなかったが

この言葉たちには何か意味があるはずと思えた。

自分の無教養さを自覚し、もっと知らなくてはいけないと思えた。

再び高橋芳朗氏の言葉を引用したい。

「でね、何が感動的かって、

 これ完全に、ラジオに救われたことがある人間じゃないと書けない歌詞っていうか。

 ラジオに救われたことがある人間だから、歌える歌になってるんじゃないかなと思います。」

まさに私もNONAのラジオに救われたのである。

伊集院光でも爆笑問題でも吉田照美でもなく、「NONAに」なのだ。

「NNRブレイクダウン〜サニーに捧ぐ〜」の「NNR」は

NoNa ReevesのNNRという意味なのか

National Radio NetworkのNRNを隠喩的に用いているのか真剣に悩むほど

私にとってNONAはラジオと縁が深い。

こういう背景があっての「P-O-P-T-R-A-T-I-N」である。

今、これほど「ラジオ」と「恋愛」「友情」を絡めた歌詞を

実体と質感を持って歌える人はいないのではないだろうか。

「MUSIC TRAVEL」内で湯川れい子氏の「恋におちて」の製作秘話が語られていたが

「ダイヤルを回す」のと同様に「ラジオ」ももう古いのである。

仕事柄、10代の子どもたちと触れ合う機会が非常に多いのだが

ラジオを聞いている子には出会ったことがない。

ラジオという選択肢が彼らには無いのである。

このラジオという、ともすれば時代錯誤のフレーズを郷愁のワードとしてだけではなく

今を駆け抜けるモノとして鮮やかに表現できるのは、やはりNONAであればこそだ。

NONAというPOP TRAINに乗り込んだリスナーを

甘酸っぱくも煌びやかな世界へと誘う、最高の曲に私はSTATIONで出会ったのだ。





ふぅ……

必死ですわwwwwww

いつか郷太君にも見てもらいたいねw

意にそぐわないかもしれないけど

良くも悪くも真剣に聞いてる人がいるんだよってことを知ってもらいたいねw

POP STATION

新品価格
¥2,700から
(2013/3/7 10:20時点)



posted by kurato at 10:25| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

NONA REEVES『POP STATION』批評B

こんばんは

朝に引き続き、ちょっと真面目に書こうと思っているkuratoです

どうかお付き合いください



NONA REEVESPOP STATION総評その2

ライナーノートには

「とにかくポップに振り切ったアルバムにしたかった。

 だからこの『POP STATION』は『DESTINY』(2000)、『3×3』(2006)に続く三部作でもあるんです」

とある。

たしかに、奥田や小松も共に歌う「休もう、ONCE MORE」は

『DESTINY』収録の「AUGUST」などを思い起こさせる。

それは通常の「マイク持った西寺郷太だけがスウィートハート」という状態ではなく

「マイク持ったNONAがスウィートハート」という点に於いてである。

また、同『DESTINY』収録の「LOVE TOGETHER」、「二十歳の夏」、

『3×3』収録の「NNRブレイクダウン〜サニーに捧ぐ〜」などに見られる

ラジオ賞賛の歌詞は今作「P-O-P-T-R-A-I-N」へとレールが繋がっている。

これは高橋芳朗氏が

「ラジオアンセムというか、ラジオの素晴らしさを讃えた曲って言ってもいいと思うんですね」

「本当に、ラジオを愛している人だからこそ、作りえた歌詞であり、曲なんじゃないかなと思うんです」

と「P-O-P-T-R-A-I-N」を賞するように、

ラジオと共に在ったNONAだからこそ成せることであるのは間違いない。

しかし私は『DAYDREAM PARK』収録の「FESTIVAL」に見た、音と詞の変化の方が今作との類似性を感じるのだ。

それはどこか『THE SPHYNX』時の変化のようなNONA REEVESの転換期の印象に近いのかもしれない。

誤解を恐れずに言えば、この転換はだいぶメジャーな路線に寄ったのではないだろうか。

私は常々感じていたのだが、NONAの歌詞は非常に難解なのである。

高度な隠喩が織り成すイメージは、そのまま言葉と音としてしか認識されず素通りしてしまい、

分かりやすい1フレーズによってのみ推測される世界観は

その情報量の少なさ故に、聴いた者それぞれの解釈が生まれると言えば聞こえが良いが

同じモノを見ているのに、感覚を共有できない寂しさを感じさせる要因であった。

詞には述べざるを得ない切実な思いがあり

曲には奏でざるを得ない切実な思いがあって然るべきである。

その「思い」を汲み取りきれないのはファンとして真摯に向き合っているとは思えないし

そもそも汲み取ろうとしなければ、聴く意味を失ってしまうはずだ。

事実、ファンで無ければ真摯に向き合う必要も無く、接点はそこで消滅していた。

「みんなが好きな音楽が、悲しいほど好きになれない」ということの裏には

「自分が好きな音楽が、悲しいほど好きになってもらえない」

という悲劇が確実にあるのだ。

その点、本作は分かり易く、アルバム全体としての流れが体感できる。

乗り込んだPOP TRAINの中で歌われる音楽への思い、あの子への思い

車窓から見える、「思い」の輝く街

間もなく終点であることを告げるアナウンス――

アルバム全体のストーリーの完成度は歴代1位であることは間違いない。

ラストを飾る「休もう、ONCE MORE」も

ありがちな、終わりがあれば始まりがあるという陳腐なメッセージで締めくくることもなく

肩肘張らない関係から「根拠のない希望があふれる」と歌われているのが

実に自然体で却って染みてくる。

これら一連の流れは「オシャレなサウンド」という地位からの脱却をし

「心に届いて染みるサウンド」への進化が顕在化したものと見たい。

そして、その進化が揺るぎ無いNONAらしさという核を中心に形成されているのである。

つまり、NONAの4年間は『POP STATION』にて結実したのだ。






とかなんとか偉そうにグダグダ書きましたが

ホントにファンで良かったなって思えました

総評を書くにあたって、CDを引っ張り出してきたのですが

実家におきっぱのアルバムとかもあって焦りました^^;

もっと詳しく書きたかったところも記憶が不確かで書けなかったり……

今後は『POP STATION』の中から好きな曲を選んで書きたいなって思ってます。

まだ聴いたことの無い方がいらっしゃったらぜひ一度試聴してみてくださいね!

POP STATION

新品価格
¥2,700から
(2013/3/6 21:21時点)



posted by kurato at 21:24| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。